MPシリーズ

鉄鋼材料などの強磁性体を磁場の中に置くと、磁化された材料は材料両端以外の連続した部分では、普通に材料内部に磁束が通り何も発生しませんが、表面や内部に磁束を遮断する欠陥(クラック)があると、欠陥の両端に磁極(N極・S極)が現れ、磁束が表面空間に漏洩します。この部分に、鉄粉または着色磁粉・蛍光磁粉などの検査液をかけると、磁極に吸引されて磁粉模様を形成し、欠陥の幅が拡大され、容易に欠陥の存在を見つけることができます。
極間法(ヨーク法)による方式で、試験片の部分または全体を電磁石磁極の間に置いて磁化させ、試験片に局部線形磁場を誘導させることによって鍛造品や溶接部の欠陥を簡単に素早く検査することができます。
  • MP-A2

  • 新製品 MP-A2BL

  • MP-A2L LEDランプ付き

  • MP-100 交流・直流両用タイプ

  • 磁粉探傷剤7C-Black(黒色磁粉)

  • 白色ペイント WMP-1

  • 蛍光磁粉探傷剤 14-AM

  • ブラックライト BD-70L