X線装置の校正、メンテナンス

X線管電圧管電流計 AB-2015E

image
X線管電圧管電流計AB-2015Eは、X線管と高圧ケーブルの間に分岐ケーブルを挿入して高電圧、電流を測定する接続式の測定器で、接続式ならではの高精度測定が可能です。X線装置の管電圧と管電流を同時に測定できるので、X線装置の校正、およびメンテナンスが高精度に行えます。周波数特性に優れており、インバータ装置から単相交流の装置まで、多様な医療用X線診断装置に使用できます。
特長

特長

パソコンインターフェースを搭載 ・マイコン制御回路採用 ・ボタンを押すだけの自動ゼロ調整機能
セルフチェック機能 ・ユーザー校正可能(デジタル校正)
サンプリング デジタル設定(50/60Hz自動調整) ・ディレイタイム デジタル設定(0~255ms)
測定値保持および測定中表示機能 ・従来型のAB-2015D-MⅡと接続可能 (※引取改造調整が必要)

概略仕様

項目 区分 仕様
測定モード 管電圧
管電流
測定範囲 管電圧 定格電圧20kV以下~150kV
最高表示電圧188kV
撮影管電流 定格電流3~1500 mA
最高表示電流1900 mA以上
透視管電流 定格電流0.03~15.00 mA
最高表示電流19.00 mA以上
測定精度 管電圧 40kV未満±0.7kV以下
40~100kV±1.5%±0.1kV以下
管電流 撮影±1%±1 mA
透視±3%±0.01mA
応答性 分圧器 10μs以下(代表値)
電流検出器
測定可能なX線照射時間 管電圧 1ms以上
管電流 3ms以上
一般仕様 使用電源 電圧100 V±10%
周波数50±1、または60±1 Hz
消費電力 50 VA以下
使用環境 周囲温度5~35℃
湿度45~85%
気圧70~106 kPa

使用方法