QUART didoEASYシリーズ(クオート・ディドゥ・イージー) <ドイツ QUART GmbH社製>

特徴

X線測定器QUART didoEASYシリーズは、簡単操作で高精度の線量測定に最適です。プリセット操作が一切不要なので、素早く測定結果を得ることができます。

1.検出部分を照射野内に配置して didoEASY測定器の電源をONにする。
2.X線装置の照射条件を設定する。
3.照射を行う。
  測定器ディスプレイに表示された値を読むだけです。

QUART didoEASYには、すべてのビーム線質に対する自動保障機能が組み込まれているので測定値の補正や再計算作業は全く必要ありません。
(QUART didoEASY Rモデルでは、デンタルパノラマ撮影装置でのDWP値(線量-幅・積)測定にも対応しています。)

共通仕様

使用温度範囲 15~35℃
保管温度範囲 -10~65℃
湿度 20~75%/20g/㎥
重量 ベースユニット:280g(バッテリーを含む)
検出器:20g
サイズ ベースユニット:170×70×45mm(L×W×H)
検出器:50×16×4mm(L×W×H)
表示単位 GyまたはR(工場出荷時設定)
日付時間表示機能付

QUART didoEASY R(一般・透視撮影用)

線量 0.2uGy~999Gy
不確かさ ±5%
測定範囲 45~160kV
R/F(一般・透視)でのすべての線質に対する自動保障機能
直接線および透過後線ビームの測定
DWP(線量-幅・積) 0.2uGy*cm~999Gy*cm
不確かさ ±5%
測定範囲 50~150kV
すべての線質に対する自動保障機能
直接線および透過後線ビームの測定
照射時間 0.5ms~300s
モード 全照射での時間
不確かさ ±0.5ms または 0.1%
線量率 0.25uGy/s~999mGy/s
モード 照射あたりの平均
不確かさ ±5%

QUART didoEASY M(マンモグラフィー用)

線量 0.2uGy~999Gy
不確かさ ±5%
測定範囲 25~40kV
マンモグラフィ―でのすべての線質に対する自動保障機能
直接線および透過後線ビームの測定
線質 Mo/Mo,Mo/Rh,Mo/Al,Rh/Rh,Rh/Al,W/Rh,W/Al,W/Ag
照射時間 0.5ms~300s
モード 全照射での時間
不確かさ ±0.5ms または 0.1%
線量率 0.25uGy/s~999mGy/s
モード 照射あたりの平均
不確かさ ±5%
QUART didoEASY Mは、マンモグラフィー精度管理用の高精度測定器です。デジタルまたはアナログ方式の撮影装置のすべてに対応し、線量と照射時間を測定します。マンモグラフィー装置に採用されているすべての線質(ターゲット/フィルター組み合わせ:Mo/Mo,Mo/Rh,/Mo/Al,Rh/Rh,Rh/Al,W/Rh,W/Al,W/Ag)での測定が可能であり、圧迫板の有無にも対応します。

QUART didoEASY MR(一般・透視撮影/マンモグラフィー兼用)

線量 0.2uGy~999Gy
不確かさ ±5%
測定範囲 25~160kV
R/F(一般・透視)およびデンタルでのすべての線質に対する自動保障機能(QUART didoEASYR仕様を参照)
マンモグラフィーでのすべての線質に対する自動保障機能(QUART didoEASY M仕様を参照)
直接線および透過後線ビームの測定
照射時間 0.5ms~300s
モード 全照射での時間
不確かさ ±0.5ms または 0.1%
線量率 0.25uGy/s~999mGy/s
モード 照射あたりの平均
不確かさ ±5%

製品構成

QUART didoEASY ベースユニット+検出器
校正証明書
操作マニュアル
専用キャリングケース