測定対象に合わせて5つのモデルをラインナップ

インテリジェントX線測定器 RaySafe Solo(ソロ)シリーズ <RaySafe社製>

       RaySafe Solo
診断用X線装置の品質管理(QA)、および、サービス・メンテナンスを行う測定器です。RAD(一般撮影用)、R/F(一般・透視撮影用)、CT装置など5つのモデルをラインナップしており、モダリティに応じたマルチパラメータ測定機能を搭載しています。RaySafe Xiで実証されコア技術の継承により、コストパフォーマンスに優れた高い測定精度を提供します。
容易なセットアップ
 セットアップ時間が短く、最初の測定開始まで1分以内と、スピーディに測定が行えます。
やさしい操作性
 機能や測定結果はベースユニットのディスプレイに表示されます。優れたユーザーインターフェースにより、繁雑な設定方法に煩わされることなく、データ評
 価/解析に集中できます。また、エラーリスクを最小限に抑えます。
ニーズに応じた測定が可能
 kVp、線量、線量率、パルス、時間、mA、mAsなどのパラメータが同時に測定できます(モデルによって多少異なります)。さらに、オプション機能の追加
 により、半価層(HVL)のダイレクト測定も可能となります。
高精度アクティブ補償機能
 複数のセンサと高度な演算処理により、ビーム線質を自動的に判断。R/F(一般・透視)装置とマンモグラフィ装置でのkVpと線量の測定値補正が自動的に行
 われるので、簡単な操作で正確な測定を可能にします。

モデルラインナップ

RaySafe Solo CT
noimageCT装置の線量、線量長さ積(DLP)の測定が行えます。独自のハイブリッド式チャンバー検出器がエネルギー依存性を動的補償し、温度や圧力の影響を受けない高精度な測定を可能にします。
RaySafe Solo Dose
noimageX線一般撮影装置および透視装置の線量、線量率、時間、パルスの測定が可能です。


RaySafe Solo R/F
noimageX線一般撮影装置および透視装置のkVp、線量、線量率、時間、パルスの測定が行えます。



RaySafe Solo R/F with mAs
noimageベースユニットとモダリティのmAsポートを接続することで、パラメータと同時にmAs値も測定できます。X線一般撮影装置および透視装置のkVp、線量、線量率、時間、パルス、mA、mAsの測定が可
                           能です。
RaySafe Solo RAD
noimageX線一般撮影装置のkVp、線量、線量率、時間、パルスの測定が行えます。

オプション

ワンショットHVL測定
1回の照射で半価層(HVL)の測定を可能にします。しかも、他のパラメータと同時にHVLが測定できるので手間がかかりません。
RaySafe Solo PCキット
PCとの通信機能を追加し、kV、線量強度、mAs波形などの測定データの表示、保存を可能にします。PCから測定器の設定変更も行えます。
RaySafeメンテナンスプログラム
年1回の定期校正とメンテナンスを提供します。測定器の精度の維持と、ライフサイクルコストの抑止に貢献します。

関連製品