1台の測定器で様々な測定環境に対応可能

新型ハイブリッドサーベイメータ <RaySafe社製>

       RaySafe 452
            One device. Endless possibilities.

特徴

image
◆半導体式測定器とGM管式測定器を組み合わせ
◆管理・保管が容易で、飛行機などによる移動、搬送時でも特段の注意が不要
◆視認性の高いディスプレイ
◆測定パラメータを同時に表示可能
 ・リアルタイムの線量率 ・累積線量 ・平均エネルギー ・ピーク線量率
◆速やかに測定作業開始(3秒のボタン長押し)
◆本体に測定結果を保存可能(4000回)
◆本体とPCを接続して測定データの解析可能
◆屋外使用もOK(IP64(防塵・防水)準拠)
◆0.8kgと軽量で、作業者の負担を軽減

用途

image
◆X線管からの漏洩線量測定
◆管理区域の漏洩線量測定
◆撮影室内の散乱線測定
◆表面汚染の検出
◆環境放射線測定
◆非破壊検査用X線管の線量測定

モデルラインナップ

測定用途・測定対象により、3種類のモデルをラインナップ。
フルバージョンは空気カーマ、周囲線量当量を測定し、X線だけでなくα線、β線、γ線も検出でき、汚染モニターとしてもご使用いただけます。